ベルタ・プエラリアを飲んで乳がんになる事もあるの?バストアップサプリメントの乳がんのリスクについて

ベルタプエラリア乳がん

バストアップに効果的なプエラリア成分が豊富な事で有名なベルタ・プエラリアですが、飲み続けていると乳がんになったりするリスクってあるのでしょうか?
今回はベルタ・プエラリアの成分を元にして、バストアップサプリメントを飲むと乳がんになるリスクがあるのかどうか?といった事について検証していきたいと思います。

 

プエラリア成分と乳がんの関係

プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す作用が高いのですが、その効果はなんと大豆イソフラボンのおよそ40倍もあります。

 

納豆や豆腐、豆乳といった大豆系の食品からイソフラボンを摂取するよりは、少量でもプエラリアで摂取していった方が非常に効率が高いという事です。

 

同じプエラリアでもタイ国が認定している最高級クラスのプエラリア・ミリフィカは、ミロエステロールやデオキシミロエステロールといった女性ホルモンにダイレクトに働きかける成分が豊富に含まれています。

 

ミロエステロールはバストアップに欠かせない成分なのですが、70種類以上あるプエラリアの中でもミロエステロールが含まれているのは、プエラリア・ミリフィカ1種類だけとなります。

 

そう考えるとタイ国が認定している最高級クラスのプエラリアを摂取するのが、バストアップの一番の近道だという事です。

 

プエラリアを摂取すると女性ホルモンのエストロゲンが増える仕組みになっています。

 

女性ホルモンには2種類あって、

卵胞ホルモンであるエストロゲン

バストアップ、ウエストシェイプといった女性らしいボディを構築するホルモン

 

黄体ホルモンであるプリゲステロン

妊娠しやすくするためのホルモン

 

プエラリアの摂取による乳がんのリスクについて

乳がんの原因には2種類あります。

 

・女性ホルモンの影響によるもの→ホルモン感受性乳がん

 

・女性ホルモンの影響とは関係ないもの

 

でも乳がんの60〜70%は、女性ホルモンに影響されやすい乳がんなので、エストロゲンが過剰に体内に留まる事によってガン細胞が増殖する恐れもあります。
特にピルで乳がんのリスクが高まるデータもあるので、ピルとバストアップサプリメントの同時摂取は避けましょう。

 

プエラリアを摂取して乳がんになる原因とは

プエラリアには、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を盛んにする作用が高いのですが、摂取したエストロゲンの分解は主に肝臓で行われます。
肝臓で分解されてから胃腸へと運ばれていくのですが、多くのエストロゲンはそこで消化されてしまいます。
但し、肝機能障害の場合にはエストロゲンの濃度が上がってしまうので、生理周期が乱れたりするといった副作用が起きます。

 

プエラリアを摂取して乳がんにならないようにするためには

プエラリアを摂取するとバストにハリが出てきたり、バストのサイズがアップしてくるといった事があります。
そんな時に以前のままの小さいサイズのブラジャーを装着し続けていると、バストの血行が滞る事によって、乳腺やワキのリンパに毒素を溜め込んでしまい、乳がんを招くリスクが高まります。
乳がんのリスクを減らすためには、

 

・その時々で自分のバストに合ったサイズのブラジャーを装着する事

 

・バストアップサプリメントの摂取と並行して、バストマッサージやワキのリンパマッサージを行う事

 

・デトックス効果の高いお茶を飲んで毒素や老廃物を排出する習慣を身に着ける事

 

・バスソルトなどを活用して入浴中にデトックスして毒素の排出を促す事

 

上記に挙げたような事をベルタ・プエラリアの摂取と並行して行っていくと、バストアップ効果や美容効果も高まるし乳がんのリスクも自然と回避していけます。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はベルタ・プエラリアの摂取による乳がんのリスクについて解説していきましたがきちんと理解出来ましたか?
もしも生理不順や何か体調が悪い場合には、すぐに服用をやめて病院で検査するようにして下さい。
そしてバストやワキに毒素を溜めないためにも、普段からバストに合ったブラジャーを選んだり、バストマッサージやワキのリンパマッサージを行うように心がけていって下さいね。

 

ベルタプエラリアの効果|バストアップと美肌効果が期待できる?